挑戦者たちの声

  • 営業部
  • 榎本 直樹
  • 2014年入社
榎本 直樹

お客様から「ありがとう」と言われる営業職は意外と少ないかもしれません。

仕事内容

営業マンのおもな仕事は、マンションギャラリーに来場されるお客様の応対。物件の立地の説明やモデルルームへのご案内、資金シミュレーションなどを通して、お客様個々のライフスタイルに合ったお部屋をご提案しています。基本的にはお客様がご来場されることが多いのですが、ご事情によってはご自宅に伺う場合もありますね。話が具体的に進めば、オプションやローンの打ち合わせ、さらにローン書類や契約書類の作成なども行います。お客様と直接かかわる仕事が多いのですが、時には広告やパンフレットの制作、WEBへの情報掲載などに携わることも。とてもやりがいがあり、目標を達成できた時の喜びは、何ものにも代えがたいと思っています。

仕事をする上での原動力

お客様からお礼を言われることですね。もともと人とかかわることが好きで目指した営業職。お客様とは表面上のお付き合いじゃなく、常に「どうしたらこのご家族にとって、将来的にも心地いい空間になるだろう」と真剣に考えます。特に“住まい”は家族の生活の拠点となるものですし、一生のうちでおそらく最も高価な買い物ですから。そうして時間をかけて様々な検討や必要な手続きを済ませ、やっと鍵をお渡しする時に、「ありがとう」って言っていただくことが多いんですよ。入社してから、これはすごいと驚きました。購入していただく立場でありながら、逆に感謝されるという営業職は、あまり無いのではないかと思います。

睦備建設を選んだ理由

『パデシオン』シリーズのことは以前から知っていましたし、周囲の友人たちにも認知されていたのですが、大学の合同説明会でまず話を聞いてみて、興味がわきました。その後、会社説明会に参加して、お客様を第一に考えている会社だと思ったんです。【1への挑戦=1㎡でも広く、1円でも安く】というコンセプトのもとに、企画から管理まですべて自社で行うことで、お客様のメリットを追求し続けている。そこに大きな魅力を感じました。入社してからもつくづく「お客様第一」の会社であることを実感しています。

将来の夢

入社して丸3年。すでに営業の仕事は一人でまかされていますが、やはり夢はトップセールスマンですね。そのためには日々の勉強が欠かせません。不動産のことはすべて知識として持っておきたいし、たとえば自社物件の販売以外に、売却の仲介などもスムーズにできるようになりたい。具体的にはまず、“宅地建物取引士”の資格を取りたいと考えています。幅広い仕事を手がける上でも必要な資格ですが、それ以前にお客様の安心感も各段に高まると思うので…。もっとお客様から信頼される、そして上司・先輩・後輩から愛される営業マンを目指します!

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
事業領域
募集要項
企業情報
ページトップ

睦備建設株式会社
〒612-8003 京都市伏見区桃山町西尾35番地1
TEL.075-621-9211

京都府知事(8)第7503号(公社)京都府宅地建物取引協会会員

建設業京都府知事(特-27)第23960号(公社)近畿地区不動産公正取引協議会加盟